お役立ち!SST!

ここでは、ショートケア「ぶどうの樹」で行っているSST(Social Skills Training)の中で
メンバーさん同士で話し合われた[困り事][悩み事]とその対処法について、
①コミュニケーション・対人関係編 ②仕事・作業編 ③日常生活編
の3つに分けてご紹介します。
「同じ思い・悩み」をお持ちの方、必見です!ぜひご参考ください!!

①コミュニケーション・対人関係編


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・目じゃなくて鼻を見るといいですよ
・体を相手に向けるだけでも聞いている姿勢だと思います!


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・タイミングをみて(相手の状況~手が空いている、視線を送ったら目が合ったなど)まずは勇気を絞って声掛けを!
例:「すみません、ちょっとよろしいですか?」と声をかけてみる


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・とりあえず5W1H(誰が、いつ、どこで、なにを、どちらを、どうやって?)を使って声をかけてみる
・共通点(趣味や天気など)から話しかけるとしやすいかも


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・ドラマの演技はストーリーもあり分かり易い、登場人物の感情など想像しながら見てみるのもおススメです
・SSTでは~ロールプレイング(=日常におこる課題場面を、参加者たちが役割を演じることで課題解決の手がかりを得る方法)を行っています。
始めは緊張するメンバーさんも多いですが、名俳優や名女優の真似から始めると新たな発見や気づきが出来ますよ!


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・頼みたいことをまずは書き出して、リスト化してみると伝えやすい
・頼み方を丁寧にするだけで相手の印象が変わりますよ


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・お笑い番組の司会者とゲストの関わりを見ると分かり易い!
・まずは話の流れを追ってみよう


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・「こういう事でしょうか?」と話の流れや意図を確認してみる
・親しい相手にまずは聞いてみて、練習するのも良いですよ


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・まずは相槌を打つようしました
・わからない内容だったら質問をしています


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・自分の気持ちや思いを伝えてみる
・個性と捉えても良いと思います


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・他者への意識を心掛けてみましょう(まずは相手に関心を持つ、相手の立場に立って気持ちを考えてみることから)


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・後で振り返り、客観的に見て相手に気持ちを伝える
・特性からくる特徴を相手に伝えることで、トラブルが少なるかもしれません

②仕事・作業編


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・苦手なことを伝えて相手に理解してもらう、そして得意なことも伝えると、できる事ややる気が伝わります!
・ぶどうの樹のレクリエーションでは、シーズン制作など他者と協力して行う集団作業も行っています。
自分な苦手な点や出来る点を伝えて他のメンバーさんと分担することで、皆で補い合いながら一つの作品を完成!
喜びを得られたと嬉しい感想がメンバーさんより聞かれました


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・学校では敢えて前列に座ることで、他の人など視界に入らないから集中できますよ
・オープン就労(障害者雇用)の職場では環境や場所の調整をしてもらうと良いですよ


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・スマホのアプリでアラームを鳴らしてみました、
 予定を忘れることは減ったかも
・スケジュールを書いて見える所に貼っています、
 周りの人にも知ってもらえるので


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・自分の得意不得意を確認(心理検査や職業適性検査、就労移行支援事業所など)することで、自分に合った仕事の方が続き易いかも
・レクリエーションでも自分の得意不得意な作業を知ることが出来ます
・働き方(一般/障碍者枠)を見直すことも一つの手段ですね


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・職場では1つずつの作業をお願いしています
・ぶどうの樹のレクリエーションで楽しく練習することができますよ


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・できれば書面での指示を職場では頼みましょう
・自分でメモを取りながら確認しています


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・タイマーをセットして時間を区切るようにしています
・好きな香りなど匂いで切り替えることも良いですよ


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・具体的な数値や時間などで指示や伝えてもらうと分かり易い
・メモやメールでの説明をお願いすると理解できるかも

③日常生活編


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・発する前に5秒おいてみると、衝動的な部分が少しおさえられるかも
・SSTでは~挙手して発言することも練習しています。この地味な繰り返しの訓練はいつか社会に出た時に、誰よりも強みにきっとなります!


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・(特に怒りの場合は)まずはその場から一旦離れる!
・感情を書き出すことで、自分の感情の傾向が見えて対策を考えられるかも


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・自分の得意な部分を個性と受け入れています
・人は人と割り切って考えています


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・変更が分かった時点で伝えてもらうようにお願いすると良いかも
・突然の変更は仕方がないと割り切っています!


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・当日でなく前日にあらかじめ準備するようにしています
・スマホのカレンダーに入力し、それを見忘れないようにアラーム設定しています


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・時間に余裕をもって外出しています
・下調べしてなるべく乗り換えが少ない方法を選択します


対処法(メンバーさんの実際の声+スキルのポイントより)
・SSTの目的の一つである~お互いの思いや悩みを共有する~にもあるように、ぶどうの樹ではメンバー同士で共有することが出来ます。すると“自分だけじゃないんだな”と少し気持ちがラクになったとの意見がよく聞かれます!

SSTチェックリストぶどうの樹では、SSTやレクリエーションを通してお互いの思いや悩みを共有し、“私はこうしたら良かったです!”とメンバーさん同士で実際の対処法など生の声を聞くことができます。

SSTは全20回のワークですが、全部内容は繋がっているため前後のワークも続けて参加するとより理解しやすくなります。

一人で抱え込まないで…一人で戦わないで…。
まずはスモールステップから、皆で問題を乗り越えていきましょう!